交通事故では、人がけがをする人身事故だけでなく、ものが壊れる物損事故が起こります。

交通事故の場合、まず車両の損壊は免れないでしょう。

特に衝突の衝撃が大きく全損事故となった場合は、修理が不可能ですから、買い換えなくてはなりません。

車両の買い換えの場合、車の新規購入と言うことですから、車の購入費用だけでなく、その他の様々な諸費用がかかってきます。

必要となるそれらの費用を含めて全部、加害者に請求することはできるのでしょうか?

そこで今回は、交通事故によって、車が全損となった場合に相手方から貰える買い換え費用について解説いたします。

交通事故の後、相手方に請求ができる費用について

交通事故により、こちら側の車が損壊したとなると、原則としては、加害者にこちらが被った損害について賠償を請求することが可能です。

さらに、車が一部破損ではなく、全損となると修理が不可能ですから、買い換えるしか方法がなくなります。

そして全損となった車については、廃車手続きをとることになります。車の新規購入にせよ、廃車手続きにせよ、いくらかの費用がかかってきます。

それでは、全損となった車を廃車にして、車を新規購入をする場合はどういった費用がかかってくるのでしょうか?

車を廃車及び購入する際の費用について

車を廃車及び購入する際は

  • 車両の本体価格
  • 車両の登録費用
  • 車庫証明の取得費用
  • 自動車取得税
  • 自賠責保険料
  • 廃車費用
  • 納車費用

これらの費用がかかってきます。

つまり、いろいろなオプションを含めた車の本体価格に加え、ナンバープレートや車庫を登録するための費用と、税金と保険料がかかってくるわけです。

これらの費用は、車が全損しなければ、出費せずにすんだ費用です。したがって、原則としては加害者に対して補償を請求できるわけです。

考え方としては、交通事故がなければ必要なかった費用は、相手方に請求できますが、そうでない費用は請求できません。

したがって、買い換えた車の駐車場代などは、買い換えが発生しなくても車を所有している限りかかってくる経費ですから、交通事故の相手方に請求することはできません。

先の例でいくと、加害者に請求出来るものとしては、「登録費用」「車庫証明取得費用」「自動車取得税」「廃車費用」「納車費用」が挙げられます。

また、加害者に請求出来ないものとしては、「自動車税」「自賠責保険料」が挙げられます。

買い替えの車両費はいくらもらえるか

次に気になるのは、買い替えをしなければならないとして、新しい車の車両費としていくらもらえるのかということではないでしょうか?

特に車を購入して間もない場合は、新車費用を補償してほしいと思われるのも無理はありません。

ただ、数か月程度の使用であっても、使用している以上、新車とは言えませんので中古車扱いとなります。

したがって、中古車としての価格が補償されることになりますので、その金額を損害賠償請求することになります。

問題は、その中古車価格をどのようにして決めるかということです。

車種や年式や型、走行状態が同程度の車が中古車市場で値がついていれば、その価格なのですが、中古車としての価格が明らかでない場合もあります。

そういった場合は、税法上の定率法という方法を用いて価格を算出します。

定率法とは

定率法とは、車や建物といった固定資産を減価償却するときの算定方法です。

定率法を用いると、当初の減価償却費が多く計上されて、年々少なくなっていきます。

したがって定率法ですと、買ったばかりの車だと、価値の下落が大きく、たったこれっぽっちしか受け取れないのかとがっかりするかもしれません。

代車費用について

車が全損して廃車にして買い替えする場合、新車が納品されるまでどうしてもタイムラグがあります。

その場合は、被害者としては、車が手元にないので代車が必要となります。代車を使う場合は、もちろん費用が掛かります。

代車費用についても、必要なものに限り加害者に請求することが認められます。

営業の車両が全損した場合の休業損害は受けられるの?

全損となった車が、トラックなどといった営業用の車であった場合、加害者に対して休業損害を請求することはできるのでしょうか?

代車が調達できれば、請求することはできませんが、トラック等の営業車の場合は、それがないと仕事に差し支えますので、そういう場合は「休車損」として請求することができます。

積み荷が被害を受けた場合

全損した車に、荷物を積んでいた場合は多々ありえます。

車が全損したのですから、それに積んでいた積み荷も大破している場合があります。

こういった場合はどうなるのでしょうか?

こういう場合は、積み荷に損害があれば、相手方に損害賠償を請求できます。

同乗していたペットへの被害

最近は、ペットを一緒に車に乗せている人もよく見かけます。

交通事故で、ペットが負傷した場合はどうなるのでしょうか?

法律上、ペットはモノとして扱われますから、ペットが負傷した場合は、積み荷の被害と同様に考えることができます。

但し、ペットは人ではありませんので、けがをしたからと言って傷害の慰謝料や死亡慰謝料を請求することはできません。

交通事故による車の全損の場合は、けっこう多くの項目で費用を請求することができます。

交通事故により、車が全損してしまいどのように損害賠償請求を進めたらいいのか、お悩みの場合は、ぜひ一度、交通事故問題に強い弁護士に相談なさることをおすすめいたします。

きっと力になってくれるでしょう。

広告