相手方が、信号無視で交通事故に遭遇した場合は、とても悔しいものです。

では、信号無視での過失割合は、いったいどのようになっているのでしょうか。

信号無視での過失割合について解説いたします。

交差点での青信号の直進車と赤信号の直進車の衝突事故

まずは、基本的なパターンについて見ていきましょう。

車は、信号に従わなければなりませんので、青信号に従って進んでいる車に、赤信号を無視して進んできた車がぶつかった場合の過失割合は、青信号の車が0、赤信号の車が100となります。

つまり、原則として青信号での車には、過失はないということになります。

これが基本の過失割合となります。

青信号の車に、何らかの過失がある場合は、過失割合の修正がなされます。

例えば、携帯電話で通話をしていたといった過失です。

この場合は、10%の修正がされることになり、10対90の過失割合となります。

その他にも、飲酒運転や、無免許運転、速度超過なども過失となります。

この場合は、著しい過失となりますので、過失割合も大きく修正されて、20%の修正になります。

そのため、20:80の過失割合となります。

つまり、信号無視は、絶対的な違反であり、交通事故を引き起こした大きな落ち度として取り扱われます。

しかし、青信号で交差点に進入してきた側にも、何らかの過失があることが認められれば、それは過失割合の修正ということで評価されます。

青信号は、進んでよいという意味であり、進まなければいけないという意味ではありません。

また、前方不注意など、払うべき注意を怠って進んだことを帳消しにするわけではないからです。

青信号で直進している場合も、守るべきルールは守らなければなりません。

交差点で、黄信号での直進車と赤信号の直進車の衝突事故

黄信号で進んでいた場合に、赤信号を無視して交差点に進入してきた車と衝突した場合は、青信号の場合と異なり、黄信号の車にも過失割合が認められてしまいます。

この場合の基本的な過失割合は、黄信号車:赤信号車=20:80となります。

黄信号で進入してきた車に、過失が認められれば、過失割合が修正され過失割合が上がります。

交差点での赤信号同士の車の衝突事故

赤信号同士の車の事故の場合は、どちらにも信号無視という著しい過失があることになりますから、基本の過失割合は、50:50になります。

過失割合の決め方

交通事故の示談においては、過失割合がとても大事になってきます。

こちらの損害が大きくても、過失割合も大きければ、賠償金は少ししか受け取れません。

過失割合の決め方については、事故の状況ごとに基本的な過失割合が決まっています。

例えば、青信号の車と赤信号の車での交通事故の過失割合は、0:100といったようにです。

これを基本として、さらに、双方の落ち度が修正要素として、加えられて最終的な過失割合が決まります。

なお、修正要素については、加算されるだけでなく、減算される場合もあります。

示談では、実際には被害者と加害者双方が、主張をぶつけあって、落としどころを探ることになります。

相手方のいうことに納得できない場合は、弁護士に相談するといった方法が考えられます。

被害額が大きい場合は、10%の修正でも受け取れる金額に大きな違いが出てきます。

示談でもめると精神的に疲弊しますし、つい保険会社の言うままに示談に応じてしまおうかというきもちになってしまいがちです。

そういう場合は、弁護士に示談交渉を依頼するという手もあります。

弁護士に依頼すると費用が掛かるのではと心配される方もいらっしゃるでしょうが、初回の相談料であれば、30分5000円程度が一般的ですし、初回相談無料をうたう弁護士事務所も多く出てきています。

過失割合でお悩みの場合は、まず一度交通事故問題に強い弁護士に相談なさることをおすすめいたします。