事故示談保険屋交通事故のケガの治療に対応しているという看板を出している整骨院を目にすることが多くなりました。

そのため、交通事故の治療で整骨院にかかっている方も多いものです。しかし一方で、整骨院での治療をめぐって保険の支払いの場面で、保険会社の担当者とトラブルになりやすい実情も存在します。

そこで今回は、保険会社とのトラブルなく整骨院に通院するコツについて解説いたします。

保険会社の本音は?

交通事故被害者の立場からは、一刻もケガからの回復を図りたいというのが切実な思いです。

そのためには、効果があるものなら受けたいと思うのは当然でしょう。一方、保険会社の立場からするとまた違った思いも見えてきます。

保険会社の担当者としては、不必要な保険金の支払いは避けたいと思うのは当然ですから、被害者が請求してくる内容について精査したいと考えるものです。

その中でも整骨院での治療費というのはやり玉にあがりやすいものなのです。

保険会社の担当者としての本音としては、整骨院への通院はあまり認めたくないというものになるでしょう。

また、過剰な保険金のお支払いは、保険料の値上がりにもつながりますし、そうなると保険加入者の負担も増えることになります。

整骨院での交通事故の傷害の治療は認められている

保険会社としては整骨院での治療を積極的に認めてはいないとしても、整骨院での治療では効果がないものとされているわけではありません。

整骨院で施術をする方は、柔道整復師と呼ばれ国家資格を有しています。

その方が行う施術は、一定の効果があると認められていますので、交通事故によるケガからの回復・リハビリにも有効なのです。

特に、むち打ちに苦しむ方が整骨院での治療により改善したと感じるケースは少なくないものです。

したがって、交通事故によるケガの後遺症に苦しんでいる被害者としては、整骨院での治療で改善するのであれば活用したいと考えるのは当然です。

そこでまずは、整骨院について、行うことができる施術等について確認しておきましょう。

整骨院でできること

整骨院は柔道整復師が開院しています

ここで今一度、整骨院について確認しておきましょう。

なお整骨院と接骨院は同じものです。同じものということは、両方とも柔道整復師という有資格者が開院している施術所ということです。

その使い分けですが、以前は柔道整復師の行う施術を「ほねつぎ」と呼んだりしていましたので、施術所のことも接骨院と名付けられることが多かったのです。

しかし、「ほねつぎ」というとポキポキと痛い施術をされるというイメージがついたこともあり、それを避けるために近年では「整骨院」と名付けるところが多くなりました。

整骨院と整体院を混同しないように注意しましょう

なお、整骨院と類似した名称に「整体院」というのがあります。

整骨院と接骨院は同じものですが、整骨院と整体院は異なるものです。紛らわしいですが、混同しないように注意しましょう。

整体院は、整体師という民間資格者が施術を行うところです。

整骨院と思って整体院に通っていた場合、保険会社に治療費を請求してもまず困難です。そうすると整体院での治療費は全額自費負担ということになりますので気を付けましょう。

柔道整復師ができること

柔道整復師ができることは、骨折や打撲といったケガに対する治療です。

治療といっても、整形外科の医師が行う医療行為とは違い、医療類似行為と呼ばれるものになります。

柔道整復師は、レントゲンを撮ったり、メスで体を切り開くといった手術をすることはできません。また、飲み薬を処方することもできません。湿布薬は出してくれます。

レントゲンの被ばくが嫌だったり、薬を飲むのが嫌な方は、整骨院での治療を受けたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは、交通事故に遭った時に、真っ先に整骨院に駆け込めばいいのでしょうか?実はそうしてしまうと、後日保険会社とトラブルになる可能性があります。

トラブルを避けるためにはまず医師の診断を

交通事故でケガをしたときは、まず医師の診断を受けることが大切です。

受診すべき診療科は整形外科になります。たとえなじみの整骨院があってもそちらにかかるのは、整形外科での診療を受けた後です。

これは、診断書作成のためにも必要になってくるからなのです。交通事故の損害賠償請求のためには、そのことを証明する関係書類が必要となります。

そして、交通事故を原因として受傷したということ客観的に証明する書類は「診断書」ということになっています。

診断書を書くことができる専門家は、医師しかいません。整骨院の柔道整復師では診断書が作成できないので、その点からも医師の診察を受ける必要があるのです。

整骨院への通院は医師の指示のもとに

交通事故に遭ってすぐに整形外科を受診するわけですから、そこでの治療が合えば整骨院での治療を受ける必要はないことになります。

しかし、整形外科での医療では完治せず痛みが続き、整骨院での治療が有効な方もいるから、整骨院も交通事故治療の看板を掲げているわけです。

そこでそういう場合は、どのようにして整骨院への通院を行えば、保険会社とのトラブルを避けることができるのでしょうか?

整骨院へトラブルなく通院するには、医師の指示のもとに通うようにしましょう。なんとなく気まずいからと言って、医師に黙って整骨院に通うのはよくありません。

医師の同意がない整骨院への通院は、医療的な必要性をめぐって保険会社と争いになりやすいですし、その治療費の支払いをめぐって保険会社とトラブルになる元です。

絶対に避けましょう。

医師とは良好な関係を築いておきましょう

医師との関係は、初期の段階だけでなく、後遺障害認定の段階でもお世話になります。

一般的に完治または、症状固定の診断が出てから示談交渉を進めるのですが、その判断をするのは医師なのです。

整骨院の柔道整復師でも、治療をしている本人でもないのです。

したがって、医師との意思疎通は十分に図っておくことが、ひいては保険会社とのトラブルを避けることにもつながります。

弁護士との協力も有効です

医師の同意のもとに整骨院に通院していても、保険会社が支払いに難色を示す場合があります。

そういった場合は、弁護士へ相談してみましょう。

保険会社の担当者は、交通事故問題の素人である被害者が直接交渉しても、最低限の補償額しか提示してこない傾向があります。

そういう時は法律の専門家であり交通事故問題に強い弁護士に相談して、保険会社との交渉を弁護士に依頼することもぜひ検討してください。きっと納得がいく結果を得られることでしょう。