整骨院
交通事故治療の看板を掲げた整骨院や接骨院を街中で見ることが多くなってきました。

交通事故の治療を受ける場合、いったいどこにかかればいいのかと悩まれる方もいらっしゃると思います。

示談の場面になって困ったことにならないように、整骨院と接骨院の違い、またこれらと整形外科の違いや整体院との違いについて、わかりやすく解説いたします。

整骨院と接骨院の違い

整骨院と接骨院は、実はどちらもおなじものなのです。つまり違いはありません。

違いがないということは、どちらも「柔道整復師」という同じ国家資格を持った有資格者が経営しているところということになります。

よく言われるほねつぎとは、骨を接ぐと書きますので、「接骨院」のことを言います。

整骨院の場合は、柔道整復師の「整」の字をとって整骨院と名付けているわけです。

昔は、接骨院の名称が多く使われていましたが、今は整骨院の名称が多く使われているようです。

柔道整復師とは

接骨院や整骨院は柔道整復師でないと開院出来ないと述べました。それでは、柔道整復師とはどんな資格なのでしょうか?

この資格は、国家資格なので試験に合格しなければなりません。

そのためには、厚生労働大臣が認可した専門学校や大学等で学んで国家試験の受験資格を得たあと試験を受けて合格する必要があります。

柔道整復師の業務内容

柔道整復師になると接骨院・整骨院の開業ができます。これらでは健康保険を使うことができます。

看板に健康保険が使えますとあるのを目にした方も多いと思いますが、整骨院・接骨院での施術には健康保険が適用されるのです。

では、具体的にはどんなことをしてくれるのかといいますと骨折、脱臼、打撲。捻挫、挫傷といったけがの治療をしてくれます。

骨折 骨が折れたり、ひびが入った場合です。
脱臼 関節が外れることです。
打撲 体の一部を強く打つことです。
捻挫 関節部分をくじくことを言います。
挫傷 筋肉や腱、内臓が損傷することを言います。

これらのケガに対して、非観血的外科手術をいうものを行います。

非観血的外科手術とは、観血的でない方法での手術ということであり、メス等を使ったりしない方法での手術ということになります。

観血というのは読んで字のごとく、血を見る、出血させるということです。

メスで人体を切り開くと出血しますから、その方法を観血的外科手術といいます。こちらは、医師しか行うことができません。

柔道整復師は、非観血的外科手術を行うことができる国家資格者ということになります。

整骨院(接骨院)と整形外科の違い

整骨院と接骨院は同じものということがご理解いただけたかと思います。それでは、整骨院(接骨院)と整形外科の違いについても見ていきましょう。

整形外科は、ご存知のように国家資格である医師免許を持っている方でないと開院出来ません。

整形外科でできること

医師ができることと柔道整復師のできることの違いについては、医師は、投薬やメスを使った手術のほか、レントゲン検査を行うことができます。

もちろん整形外科は病院ですから、保険診療を行うことができます。

そして、保険金請求に必要な診断書を書くことができるのは、医師だけです。

したがって、交通事故でケガをしたときは、まずは医師の診断を受けることが必要です。

医師の診断を受けることにより、交通事故とケガの因果関係の証明も得ることができます。

自動車保険の請求の時に保険会社ともめないためにも、交通事故の治療を整骨院で受けたいと思う場合も、整形外科医の指示のもとに受けるようにしましょう。

整骨院(接骨院)と整体院の違い

整骨院や整形外科のほかに、整体院の看板もよく見かけます。では整体院とはどういったものなのでしょうか?

交通事故の治療を整体院で受けても問題ないのでしょうか?

資格の面からみると、整体院を開業するのに国家資格は必要ありません。

整体師という国家資格はないのです。整体師というのは民間資格の一つです。

したがって、保険診療はできませんし、診療内容も整体院ごとに違ってきます。

ただ民間資格ではありますが、世界保健機構(WHO)は、カイロプラティックを代替医療の一つと位置づけています。

また国によっては、国家資格と認めているところもあり、世界的に見ればその評価は決して低いものではありません。

したがって、ご自分に合う整体院を見つけることができたならば、整形外科の診療や整骨院での診療を補完するものとして上手に利用するのも一つの方法です。

但し、保険診療はできませんし、整体院での費用を治療費として認めるかどうかは、保険会社との交渉次第になりますので、その点は注意が必要です。

保険の取り扱いの違い

整骨院、整形外科、整体院での保険の取り扱いについて確認しておきましょう

自賠責保険について

まずは、自動車保険である自賠責保険は、それぞれで診療を受けた費用は認めてくれるのでしょうか。

接骨院 認められます
整形外科 認められます
整体院 認められません

このように、交通事故でのケガの治療を整形外科や整骨院で行った場合は、自賠責保険の適用はあります。整体院にはありません。

したがって、まずは整形外科で診断を受けたあと、接骨院にかかるようにしましょう。

また、整体院は全額自費診療と認識したうえでかかるようにしましょう。

健康保険について

接骨院 使えます
整形外科 使えます
整体院 使えません

健康保険の場合も、自賠責保険と同様に、整骨院と整形外科では保険診療が受けられます。

但し、健康保険がきく範囲には制限があり、急性の打撲・捻挫・および挫傷・骨折・脱臼に限られています。

なお、骨折・脱臼については医師の同意が必要です。

したがって、この場合も、整形外科の診断を受けた後に、整骨院にかかることが大切です。

交通事故での保険の適用は少し複雑になっています。

しかし、基本的には、医師の診断を受けた後に、医師の指示のもとに整骨院等にはかかるということを心にとめておけばよいでしょう。

もしも整骨院の診療費に関して、保険会社との示談が難航した場合は、お一人で悩まずに、まずは交通事故問題に強い弁護士に相談なさることをおすすめいたします。

広告