物損事故の慰謝料請求

交通事故で物損事故に遭遇した時は、もちろん損害賠償を請求できます。

但し、慰謝料を請求できるかという点は、考慮を要します。

ここでは、物損事故において精神的損害の補償である慰謝料請求は認められるかについて解説いたします。

物損事故における慰謝料請求

原則としては、物損事故での慰謝料請求は認められません

交通事故で人身事故に遭った場合は、ご本人やご遺族は精神的損害に対する損害賠償請求を行うことができます。

慰謝料と呼ばれるものです。

そこで、物損事故の場合も、慰謝料請求でできるのかということが問題となります。

結論から言うと、原則として物損事故での損害賠償請求は認められません。

物損ということは、車やその他の物が壊れる事故ということになるわけですが、原則としてそういうものが壊れてショックを受けたからと言って精神的損害が認められるわけでなないのです。

物が壊されたならば、それに愛着があれば精神的な苦痛を受けるのは自然の道理だと言えます。

そこで、全く法律上の補償を受けられないのか、民法の条文を見てみましょう。

慰謝料請求に関する条文を確認しましょう

民法710条を読んでみましょう

「他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、 前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。」

この条文は、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりなどして損害賠償責任を負ったものは、財産に関する以外の損害も賠償しなければならない、ということを言っています。

法律上は、物損事故での慰謝料請求を否定していません

つまり、ケガの治療費や車の修繕費といった経済的な損失の賠償だけでなく、それ以外の神的な損害の賠償もしなければならないと言っているわけです。

そうしますと、交通事故で物損事故の場合、法律上は慰謝料を請求できないわけではないことになります。

先に原則としては、物損事故では慰謝料を請求できないと説明しましたがそれと矛盾が生じるようにも見えます。

裁判所では、物損事故での慰謝料請求を認めない傾向があります

法律上では、物損事故での慰謝料請求も認める余地があると解釈できますが、実務上では、裁判所は物損事故での慰謝料請求を認めない傾向があります。

その理由としては、物損事故においては財産上の損害が賠償されたならば、それにより精神的な苦痛も慰謝されたので、それ以上の精神的損害に対する慰謝料請求を認める必要がないというものになります。

つまり、物損事故では、精神的損害を認めないということではなく、壊された者が元通り賠償されたならばそれで精神的なショックも十分に手当てされたはずだという判断なのです。

物損事故において慰謝料請求が認められた裁判例

ペットの後遺症の場合

法律上ペットはモノとして扱われます。したがって交通事故でペットが大けがを負ったとしても法律上は物損事故として扱われます。

ペットをかわいがっている方の信条からすれば納得いかない点もあるかもしれませんが、人身事故というのが「人」の身に起きた傷害等を取り扱っているため致し方ないのです。

こういったペットに対する物損事故で、ペットがその体に麻痺といた後遺症を残した場合に、飼い主に対する慰謝料を認めた判例があります。

ペットの死亡事故の場合

交通事故により、ペットが死亡してしまった場合に、飼い主に対して慰謝料を認めた判例があります。

住宅の損壊の場合

物損事故では、車が自宅に突っ込んできて自宅を壊される場合があります。

そういった場合、自宅が壊されて不便な状況で暮らさざるを得なくなったとか、アパート暮らしを余儀なくさせられたといった事案について、被害者に対して慰謝料を認めた判例があります。

墓石が損壊した場合

加害者量が霊園内の墓石に衝突して、墓石を倒壊させた事案で慰謝料が認められた例があります。

まとめ

裁判例をみると分かるように、物損事故で慰謝料が認められる場合は、ペットといった生き物や自宅、墓石といった、通常の人がとりわけ愛着があったり畏敬の対象となっているものといった特殊ケースに限定されているということが読み取れます。

裁判所は、愛車が壊れたという場合では、修理が済めば精神的なショックは慰謝されると考えているのでしょう。

物損事故で認められる損害

物損事故で慰謝料請求が認められることはなかなか難しいことをご説明いたしました。

物損事故であっても、被害者としては少なからぬショックを受けますし、経済的な不利益も被ります。

そこで、慰謝料が認められないならば、物損事故において損害賠償が認められる項目をしっかり押さえておいて、確実に補償を受けるようにしましょう。

修理費用

物損事故ではまず車両の修理費用が掛かってきます。この費用は当然に認められます。

修理前でも請求することができます。

評価損

修理が行われた場合でも、一度でも事故歴や修理歴がある場合は、評価損という形で財産的価値が下がるのが一般的です。

この下落分について損が賠償できるかどうかは、ケースバイケースというのが現状です。

代車費

車を修理に題している間は使えませんので、代車を使うしかありません。

代車を使う必要性が認められればこの費用の損害として認められます。

買換え費用

車が修理不能なほど損壊してしまった場合や、修理費用の方が高くつく場合は、買い替えることになります。

この場合の費用も損害と認められます。

その他

車の買い替えの場合は、登録手続き及び費用等が掛かります。この場合の費用は認められる場合があります。

車についての休業損害については、その車でないと営業ができない場合ならば見とまられる場合がありますが、一般的には代車が認められるならば休業損害については認められません。