無免許で車を運転することは絶対にあってはならないことですが、無免許運転で交通事故を起こした場合は、保険の適応は一体どうなっているのでしょうか。

特に、被害者の立場では、確実に補償を受けられるのかという視点でとても重要な問題となります。そこで今回は、無免許運転で交通事故を起こした場合の自動車保険の適応について解説いたします。

自動車保険における免責事由

自動車保険には、免責事由というものが存在します。免責事由とは、それに該当する事由が保険の加入者にある場合は、保険会社は保険金の支払いをしなくてよいというものです。

つまり、保険加入者に非がある場合も保険金の支払いを認めてしまうと、保険加入者の間の公平を欠くので免責事由が存在するのです。

免責事由には、無免許運転のほかに飲酒運転なども含まれます。それではさらに、事故のケースごとに見ていきましょう。

相手方が無免許運転だった場合の自賠責保険の適応は?

交通事故の相手が無免許運転だった場合は、きちんと相手方の自賠責保険から保険金が支払われますのでご安心ください。

被害者にとって、相手方が無免許であろうがなかろうが関係ありませんし、自賠責保険の目的は被害者に適切な賠償を受けさせること、被害者の救済ですから基本的に被害者が補償を受けられる考え方となっています。

相手方が無免許運転だった場合の任意保険の適応は?

交通事故の相手方は無免許運転だった場合は、任意保険はどうなるのでしょうか?

この場合は、対人・対物賠償保険が適応となります。つまり、被害者に対しては保険金が支払われるということです。

なお、対人賠償保険とは、交通事故で相手にけがをさせたり死亡させてしまった場合などに、賠償金が、自賠責保険の補償額を超えてしまった場合において、その超過分を支払ってくれる保険のことを言います。

対物賠償保険とは、交通事故で「他人の財物」に損害を与えてしまった場合に補償される保険のことを言います。

自賠責保険では物損については、補償されませんから任意保険の対物賠償保険から補償を受けることになります。

自分が無免許運転で交通事故を起こした場合には保険の適応を受けられるか?

無免許運転で自損事故を起こした場合は、自動車保険金の支払いは受けられません。

搭乗者傷害保険や人身傷害保険、車両保険などに関しては補償対象外となります。これを認めると保険加入者間の公平を欠くからです。

したがって、無免許でケガをした場合は、健康保険でケガの治療を受けることになります。但し、健康保険には、給付制限をいうものがあります。

これは、健康保険法では故意の犯罪行為による傷病に対し、保険の給付を制限するというものです。

そして、これはその犯罪行為と傷病との間に、相当因果関係があることが前提になっています

無免許運転はこの場合における犯罪行為にあたるかどうかは、争いがありますが、無免許運転は道路交通法違反であることは確実です。

したがって、絶対に無免許運転をしてはなりません。

無免許運転の車に同乗していてのケガに対する保険の適応は?

無免許運転の車に同乗していてけがをした場合は、対人賠償保険の対象となりますので、原則として補償の対象となります。

つまり、自賠責保険や任意保険の対人賠償保険・人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険などの補償の対象となります。

ただし、同乗者というものは、運転手が無免許運転であることを許容していたこともあり得ます。

したがってそういう事情が存在する場合は、同乗者の落ち度として保険金額が大幅に減額される可能性もありますので注意しましょう。

基本的に免許がなければ車の運転は許されていません。

無免許運転は、自動車の免許制度に対する大きな違反ですので、絶対に行わないように、また行わせないようにしましょう。