交通事故うつ病

交通事故が引き金で、うつ病を発症することがあります。

交通事故で経験した恐怖体験が引き金となり、反応性うつ病となったり、交通事故によるけがの痛みに悩まされて、うつ病となったり、先行きをいろいろと考え悩んで、うつ病となったりすることがあります。

うつ病のような精神的な障害も、後遺障害として認定されることがあります。

そこで今回は、交通事故でうつ病になった場合の慰謝料について解説いたします。

非器質性精神障害と器質性精神障害

まず最初に、非器質性精神障害と器質性精神障害という言葉について確認しておきましょう。

非器質性の精神障害とは,脳の組織の器質的な損傷を伴わないものを言います。

わかりやすく言うと、脳に物理的なダメージや損傷を負っていない精神障害と言うことです。

反対に、器質性精神障害とは、脳に物理的なダメージを受けたことによる精神障害です。

交通事故で、頭を強く打った場合に発症する高次脳機能障害がこれに当たります。

非器質性精神障害にあたるものとしては、うつ病のほかにも不安神経症,PTSD、強迫神経症などがあります。

気分の落ち込みが続くようであれば、早めの受診を

いずれにせよ、病名についての判断は、精神科の医師が行います。

したがって、交通事故の後、気持ちの落ち込みが続いたり、夜に睡眠が十分にとれなかったり、不安な気持ちが続いて日常生活に支障を来すことがあれば、なるべく早く精神科を受診しましょう。

今は、メンタルクリニックと呼んだり、心療内科の看板を掲げている医院も多くなっています。

交通事故で受傷したのであれば、かかりつけの医師に相談して、精神科を紹介してもらうのもよいでしょう。

非器質性精神障害が後遺障害と認定されるには

うつ病と言った非器質性精神障害が後遺障害として認定されるには、まずは、厚生労働省が出している障害等級認定基準に該当する必要があります。

具体的には、(ア)の精神症状のうち、ひとつ以上が認められることが必要であり、かつ、(イ)の能力に関する判断項目のうち、ひとつ以上の能力について障害(能力の欠如や低下)が認められることが必要になります。

(ア)精神症状

(1)抑うつ状態

(2)不安の状態

(3)意欲低下の状態

(4)慢性化した幻覚・妄想性の状態

(5)記憶または知的能力の障害

(6)その他の障害(衝動性の障害,不定愁訴など)

(イ)能力に関する判断項目

(1)身辺日常生活

(2)仕事・生活に積極性・関心を持つこと

(3)通勤・勤務時間の厳守

(4)普通に作業を持続すること

(5)他人との意思伝達

(6)対人関係・協調性

(7)身辺の安全保持、危機の回避

(8)困難・失敗への対応

(ア)の精神症状についての詳しい解説

(1)抑うつ状態

持続するうつ気分(悲しい、寂しい、憂うつである、希望がない、絶望的であるなど)、何をするにもおっくうになる、それまで楽しかったことに対して楽しいという感情がなくなる、気が進まないなどの状態とされています。

(2)不安の状態

得体の知れない不安感や、恐怖、などといった強い不安が続き、苦しい状態を言います。

(3)意欲低下の状態

すべてのことに対して関心が湧かず、自発性が乏しくなります。

また、以前と違い、自ら積極的に行動せず、行動を起こしても長続きしなくなります

(4)慢性化した幻覚・妄想性の状態

自分に対する噂や悪口あるいは命令が聞こえるなど、実際には存在しないものを知覚体験することを言います。これを幻覚といいます。

また、自分が他者から害を加えられている、食べ物や薬に毒が入っているといった被害妄想と持つこともあります。

(5)記憶または知的能力の障害

非器質性の記憶障害としては,物忘れがあります。

(6)その他の障害(衝動性の障害,不定愁訴など)

その他の障害には,上記(1)~(5)に分類できない症状や落ち着きのなさ、不定愁訴などがあげられます。

(イ)能力に関する判断項目についての詳しい解説

(1)身辺日常生活

入浴や着替えと言った日常行動を行うことができるか規則的な食事をとることができるかといった点が判定されます。

(2)仕事・生活に積極性・関心を持つこと

仕事の内容、職場での生活や日常生活に興味関心を持って暮らしているかについて判定されます。

(3)通勤・勤務時間の遵守

決められた時間が守れるかについて判定されます。

(4)普通に作業を持続すること

普通の集中力・持続力をもって業務を行うことができるか判定されます。

(5)他人との意思伝達

他人とのコミュニケーションが適切にできるか判定されます。

(6)対人関係・協調性

他者と円滑な対人関係を作れるかについて判定されます。

(7)身辺の安全保持、危機の回避

危険などから自分のみを身を守れるかどうか判定されます。

(8)困難・失敗への対応

ストレスを受けたとき適切に対処できるかなどの判定がされます。

非器質性精神障害と後遺障害の等級認定

上に示した精神症状と能力項目に関する判断項目に照らし合わせて、うつ病等の非器質的精神障害があると認められる場合は、その障害の程度に応じて後遺障害の等級が判断されることになります。

非器質性精神障害の場合は、後遺障害等級は、その精神障害の程度に応じて、第9級、第12級、第14級の3等級が用意されています。

それぞれの級の内容は、以下のようになっています。

第9級10号         通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、就労可能な職種が相当な程度に制限されるもの

第12級             通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、多少の障害を残すもの

第14級             通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、軽微な障害を残すもの

交通事故との因果関係を証明することが大切

うつ病と言った非器質的精神障害で慰謝料を受け取るには、うつ病等が交通事故をきっかけとして発症したと証明しなければなりません。

つまり、うつ病等と交通事故の間に因果関係が存在することが必要となります。

物理的なダメージを受けた場合は、それを証明することは容易なのですが、非器質的精神障害の場合はそれが難しいのです。

また、交通事故に遭ってもうつ病を発症しない人もいます。

したがって、その人のもともとの性格的な特徴もあります。

家庭環境が特殊な場合もありそれが影響して一つの引き金となることもあります。

そういう特殊な事情が認定された場合は、たとえ交通事故でのうつ病と認定されても、ある程度減額されることがあります。

医師による診察を受けることは必須

非器質的精神障害に限りませんが、交通事故による後遺障害認定を受けるには、医師の診察を受ける必要があります。

自己判断で、メンタル的な症状があるからと医師以外のカウンセリング等を受けていても、後遺障害と認定されるわけではありません。

また、後遺障害となるには、症状固定の判断をしてもらわなければなりません。

これの判断も、被害者や保険会社の担当者が下すのではなく、専門医が下すことになります。

さらに、非器質的精神障害があると認められても、発症後速やかに専門医を受診して、治療を開始していれば治っていたとされれば、後遺障害として認められない恐れもあります。

このように、うつ病と言った非器質的精神障害の場合、慰謝料を受け取るにはいろいろとハードルがあります。

そこで、交通事故後、精神的に優れないと思い悩んでおられる場合は、なるべく速やかに、専門医の受診とともに、交通事故問題に詳しい弁護士に相談なさることをおすすめいたします。