高額診療とは、事故にあってからの治療において通常で考えられる範囲を超えた著しく高額な治療費のことです。基本的に、交通事故によって怪我などをした場合の診療費や治療費はすべて支払われることになっています。しかし、その診療等が「高額診療」と判定される場合には,怪我などの治療だとしても損害として認められないことがあります。高額診療だと判定される条件は、必要性のない高額な治療を行った場合に適用され、基本的に高額だとしても必要な治療であればそれが被害者にとって必要な治療法だと認められているのなら、高額診療だという判定にはなりません。
この診療費・治療費について問題となるものの1つとして,「高額診療」の場合の診療費・治療費というものがあります。
高額診療といっても,単に診療費等が高額であるから認めない,というものではありません。高額であっても,その診療方法が交通事故による傷害の治癒のために必要かつ相当であれば,損害として認められます。つまり、効果は同じだがより料金が高くその料金の高さに比例する治癒がなければ、治療としては認められないということになります。また、高額診療だとしてもすべてが認められない訳ではなく通常診療から超過した治療費のみが認められないという形になります。

広告