頸椎捻挫とは、事故により首がむちのようにしなり、それに連動する形で重い頭部が振られ頸椎の関節の損傷です。車以外でもあり得そうな損傷ですが、これは車の事故でおこるものです。の症状は車同士の衝突で起きやすく、後ろからの追突や正面衝突など相手との接触の度合いによっても変わりますが頸椎捻挫の状態は事故時には起こりえるものだと考えいたほうがいいでしょう。追突や衝突時に、痛みを感じなくいとしても医師の診断を受けるのが適切です。ちなみに一番、頸椎捻挫の状態になりやすいのは追突時です。首の反動と体の反動がどうしても一番首を痛めやすい動き方をする為ですが、一度なると簡単に治らない場合も多くあります。
また、頸椎捻挫の症状については、感じるか感じないかは本当に人それぞれです。間違いなく、頸椎捻挫を引き起こすはずの事故にあっても全く苦痛となる症状を感じない人もいます。もし、症状を感じる場合は早ければ衝撃を受けた直後から遅くても数時間後から翌日にかけて症状が現われてきます。このほかに、くびの痛みやこわばり、背中の痛み、腕の痛みやしびれ、頭痛、めまい、、耳鳴り、難聴、腰痛などの症状を感じる人もいます。また、むちうちにより神経を傷つけて握力が低下したり手足の一部が動かせないなど幅広い症状を引き起こします。