青本は「交通事故損害額算定基準」を載せている本です。赤本と同じく財団法人日弁連交通事故相談センターから発行されており、交通事故時の損害賠償額の算定方法・基準がメインに掲載されている本です。こちらの表紙は青い為、「青本」と呼ばれています。
この本の内容は財団法人日弁連交通事故相談センターの専門委員会に所属する多くの弁護士の方々がこれまでの判例や現在の動向などを研究し、賠償額の算定基準の解説を行っています。つまり、判例を基にしたスタンダードな解答集と考えてください。また、財団法人日弁交通事故相談センターでは「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」と呼ばれる表紙の赤い本と呼ばれる本も出版されています。
「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」とセットで犯罪されており、交通事故の判例や示談交渉時のほか、過失割合や損害賠償額に関する裁判等で参考とされています。「赤本」には東京地裁の実務に基づいた賠償額基準と参考判例が記載されていますが、それに対して青い本は全国の裁判例が記載されています。また、「青本」の方は2年に一回の発行となっている為、どちらも判例を記載しているのは変わりませんがより最新の判例に対応しているのは赤本の歩です。その為、全国でスタンダードなのは赤本となっている現実があります。

広告