過失相殺割合とは、事故に対する負担割合のことです。つまり、事故を起こして加害者・被害者共に合わせて100万円ほどの費用がかかった場合は、80万円払う側と、20万円払う側で分けられるということです。またこの割合については、保険会社同士で話し合い決着をつけるものなので事故を起こした本人に請求があるのは行政処分と刑事処分です。また、これは相手との話し合いにもよりますが民事裁判に発展する可能性もありうることは忘れないで下さい。また、事故にあった場合は多くの人々はケガの治療費や車の修理代を相手側に請求することはあっても評価損を請求することは珍しい傾向にあります。しかし、格落ちは保険会社の判断に頼れない場合も多く、たいていの保険会社は修理での格落ちの差額などは支払いません。事故後の相手と相手側の保険会社の対応によっては弁護士などの法律の専門家に頼った方がいい場合は多々あります。
過失相殺の割合については、相手との話し合いが重要です。また、話し合いをしても相手側がこちらとの約束を反故にすることもあり得ますので、対応力のある専門家に話をした方が良いでしょう。保険会社同士での取り決めにこちらから首を突っ込むことはあまりありませんが、加害者になっても被害者になっても事故の割合における責任は必ず発生することは覚えておきましょう。また、こちらが一方的に悪い場合や相手方に過失が一方的にある場合は保険会社に話をしなければならない場合が多く、相手のいいように丸めこまれる場合も少なくはないことを知識としてしっておきましょう。