過剰診療とは、交通事故によって傷を受けた場合に必要性のない診療・治療のことを言います。通常、事故によって受けた傷害については診療や治療を受けた場合には診療費・治療費は,基本的に全額が積極損害として認めらます。しかし、あらゆる診療費や治療費が損害であると認められるわけではなく、あくまで交通事故による傷害の治療のために必要かつ相当するものでなくてはなりません。つまり、過剰診療とは医者の診断を無視し必要性のない治療を施す行為のことです。要するに、その治療でなくとも通常の診療等をすれば傷害の治療ができ、必要性のある治療と認められないということです。
通常の診療を受ければ事足りる状態でありながら、他の診療をするという行為には必要性があるといえません。また、そのような過剰診療による診療費等を全て加害者等に負担させるのも不条理です。その為、過剰診療による診療費・治療費等は交通事故による損害として認められないということになります。しかし、過剰診療による診療費などは常に全額が損害として認められないというわけではありません。過剰診療を行っていても、通常の診療による診療費相当の部分については損害として認められます。つまり、損害として認められる範囲内の治療を行って初めて通常の診療として判断されます。