運転補助者は、運転者とはいえませんが運航共用者と同じく運転行為の一部を分担するなど運転行為について運転者と密接な関係にある者のことを言います。これは、交通事故の被害者保護を目的とする自動車損害賠償保障法という法律の中で「他人のために自動車の運転又は運転の補助に従事する者」と定義されています。つまり、考え方として間接的に運航を補助しているものは全て運転補助者となります。例として車掌、助手など業務として運転者の運転行為に関与して助けている者が「運転補助者」に該当します。しかし、運転補助者は自賠法第3条に定める重い責任でなく、民法709条に定める責任のみを負担し、この責任が発生したときには自賠責保険から補償がなされます。
また、運転補助者は交通事故で損害を負った場合には自賠法3条の「他人」とはいえず同条にもとづいて損害賠償を請求することはできません。法的な運転補助者という立場は、個別の具体的な事情により判断されます。運航供用者・運航補助者は共に直接の責任をもつものではありませんが、加害者として責任を問われた場合にはその責任を果たさなければなりません。例として事故防止の観点から、運転者が危険運転をしていれば強く止める立場に運転補助者はあります。その立場でありながら、危険を放置した場合には当然の責任を問われます。

広告