運行供用者とは、「自己のために自動車を運行のように供する者」のことです。 これに関連した法律として運航使用者責任法があります。この法律は被害者救済の立場から、被害者側の立証責任を軽減する目的で成立された法律です。この法律は、損害賠償を請求できる相手を直接の加害者だけでなく車両所有者等の運行供用者まで拡大して損害賠償請求を認られるようにしたものと解釈されています。
運航併用者は「自己のために自動車を運行の用に供する者」です。運行供用者責任に基づいて損害賠償請求を行う場合には、請求しようとしている相手方が運行供用者に該当するかという点に気をつけなければなりません。つまり、直接の加害者でなくとも運航供用者に該当する場合に加害者請求される可能性があります。また、運行供用者にまで拡大された法律の成立には2つの理由があるとされています。
1つは,危険責任という考え方です。これは自動車という危険物の運行をコントロールできる立場にある以上,その運行によって生じた責任を負担させるべきであるという考え方です。
もう1つは,報償責任という考え方です。この考え方は、自動車の運行により利益を得ている以上その運行によって生じる不利益についても責任を持つべきであるという考え方です。

広告