逸失利益とは、交通事故に遭った場合に加害者に対して交通事故によって被った損害の賠償の項目の一つです。逸失利益は、将来得られるはずだった給料などの収入・利益を交通事故によって得られなくなった場合に、その失った将来の利益を相手方に損害賠償請求することを言います。
交通事故においては、どのような被害でも賠償を請求できるわけではなく賠償を請求できるのは法的な意味での「損害」です。そのため,何が損害に当たるのか理解しておくことが損害賠償請求においてとても大切になってきます。例として言えば、交通事故で怪我をした場合にその治療のために診療費を支払った・・・この診療費として支出した金額は損害として賠償請求できます。しかし、事故に関係のない支出などは相手に請求できません。
こりように積極的に支出したことにより失った財産は積極損害と呼ばれます。しかし、積極損害のみで終わるほど交通事故は簡単ではありません。逸失利益はどちらかというと後遺症の部類になりますので、俗に言う等級というものが大きく支払額に関わってきます。しかし、この等級申請も相手方の保険会社に任せるパターンも多く、法律専門家と話し合いを行わないと自分に不利があることすらわからないような状態に陥りやすくなります。
交通事故において賠償請求できる損害には,大きく分けて財産的損害と精神的損害があります。財産的損害には、さらに積極損害と消極損害があり逸失利益は消極損害に含まれる損害です。

広告