車両保険とは、車両に対する事故保険です。強制的に加入する自賠責保険は、人身にたいするものであり車両がどんな被害を受けてもその保険を使うことができません。つまり、物損用の保険でもありますがあくまで他人用の損害賠償用の保険であり、自損事故の特約に近いような制限をうけることにはなります。この車両保険に入っているか否かで自分が直接支払わなければならない額に対して大きさな差がつきますが、保険料は通常の保険よりも割高な為入っていないという方も見受けられるケースがあります。しかし、例として車両代のみで500万円ほどの高級車と50万円で購入した普通車では、修理費や物損額そのものの桁が違うという事態になってしまいます。この場合は、もし補償があってもなくても過失割合に基づきその額を補てんしなければならない義務を当事者同士が負います。10対0などの場合には、全てを一括で支払えという裁判所からの命令が来るというケースになりかねません。また、注意してほしいのはどんな事故でも車両保険は使えますが、カウント事故を起こせば起こすほど保険料は翌年に上がる点にも注意してください。事故でも等級据え置き、1カウント事故など様々な種類があります。人が死亡するような事故では、もちろん等級は3段階下がりますし、まず仕事などの社会的立場も危うい上に補償もないなどという厳しい状況もあり得ますので車を運転する機会の多い方は、車両保険の加入を考えておいた方が自分の為のみでなく家族の為でもあります。