賠償金とは、交通事故における損害額のすべての俗称です。よく慰謝料という言葉も耳にしますが、厳密に言えば慰謝料は賠償金の一種であり事故の被害額すべてを表すものではありません。また、損害賠償の基準となっているのは相手が起こした不法行為に対してです。つまり、損害賠償は相手の起こした不法行為により損害を被った被害者が保険などを適用しつつ、加害者に対して自分の受けた損害を請求していく行為です。
被害者が損害賠償として請求できるものは大きく分けると4つに分類されています。入院費用などの積極損害、仕事を休んだ分やこれから発生するはずだった失われた利益などの消極損害、肉体的・精神的苦痛に対する慰謝料、車両を破壊された費用としての物損額などの損害を合計した金額が、加害者へ請求できる「損害賠償請求の金額」となります。また、物損事故に関しては自賠責保険では請求できません。物損事故とは、車両が壊れたのみであり被害者・加害者両者にけがのない事故のことを言い、損害賠償として加害者に補償金を請求する事ができるのは車の修理費だけになります。また、このときに任意保険へ加入していればその保険を使うこともできますので任意保険の内容も把握しておくとよいでしょう。
もし、物損事故の扱いになっていても、実際には怪我などをしていた場合は人身事故への切り替えをしない限り、請求できる項目そのものが減少するうえに金額も目減りします。