賃金センサスとは、交通事故による逸失利益を計算する際に使う定義の一つです。これは年齢による平均賃金を示したものであり、専業主婦などの家事のみを行っている方の逸失利益を計算する際に使用されます。また、賃金センサスを知ることで加害者側との交渉の際に役立てることができます。断言しますが、保険会社の提示は被害者の知識不足を知れば相場よりもだいぶ低い金額を提示してくる場合もあり油断できないものです。
また、基礎収入の算定に対しては、就業状態の違いや年収により基礎となる計算に含まれる額は一定ではありません。自分の事故前の収入を原則として基準としますが。賃金コンサスを適用する場合にはある程度年収や収入として算定時に含まれる額を計算することができます。賃金センサスは毎年厚生労働省のもとに行われる「賃金構造基本統計調査」のことであり、統計に基づいた収入が示されています。主に賃金コンサスが適用されるのは、幼児・生徒・学生・専業主婦の場合が多くなっています。逸失利益の算定は、家事のみを行っている方や働いていない方でも行うことができることを忘れないでください。働いていないから、逸失利益なんてないなどとのたまう保険会社はないと信じたいですが、法的知識のない一般人相手では保険会社は相当に低額で済ませようとしてくるのが一般的です。

広告