調停とは、交通事故の損害賠償額を決める手段の一つであり、簡易裁判所の役割の一つです。まだこの段階では裁判までには至っていません。事故を起こした場合は損害倍使用額を決める際に示談を行うのが一般的です。しかし、示談とはあくまで提示に過ぎず保険の基準に沿ったものでは到底、損失額に対する補償としても足りないケースもあり得ます。また、規定の決まったものに対しては決まった金額の補償しか行われず示談で揉めるケースは少なくありません。こうした場合には、弁護士の力を借りるのも一つの有効な方歩であり、最も補償額を多く獲得できる可能性があるのも弁護士基準での話し合いです。法律の専門家の話は一般人とは違い法的な根拠がありますし、何より被った被害状況に応じて適切な法的賠償金額を相手に請求できます。法律の素人では、相手の提示に納得がいかなくとも何をしていいのか見当もつかない場合もあり、何より対保険会社相手に交渉を行うことも難しいでしょう。そして、当事者同士で損害賠償についての取り決めを行う方法は「示談」、「調停」、「裁判」となっています。このような流れからもわかるように交通事故においては法律の解釈が必要であり、相手と揉めてしまうのはこの規定の解釈の違いもあります。10対0の場合は、被害者側の保険会社は当てにすることができず、被害者自身で保険会社に対抗していく必要があります。このような状況の中、不満なく示談のみで全てが解決するケースは少ないでしょう。9割方は示談で解決するとされていますが、それは被害者が不満を飲み込んで口にしないからではないでしょうか。交通事故に遭ったせいで、失われた利益や精神的苦痛に対して保険の規定の低い額で対処するという保険会社の対応も忘れずに覚えていてください。知幼帝に関して言えば、示談よりも強制力が高い事項ですので示談で揉めている場合は、調停を検討してみてください。

広告