診療報酬明細書とは、交通事故に遭い治療が必要な怪我を負った場合に医師によって行われた治療後遺や使用された医薬品の明細などの診療点数が記載されている書類のことを言います。レセプトとも言われるこの書類は、医療機関が保険機関に医療費を請求するために作られる書類ですが、ケースバイケースですが、診療の正当性を証明する為、保険金の手続きで使用避けることもあります。診療報酬明細書には、診察内容、入院日数、治療内容や治療頻度、傷病名、支払金額などが記載されており必要な診療であるかどうかなど賠償請求金額を計算する際にも必要となってくる大事な要素を多数含んでいます。治療行為そのものも保険を適用できるかどうかで額も違いますし、また最初に入院していた診断結果と相違がないかの確認も行うことができます。この書類が最も重要になってくるのは、後遺障害の等級認定を申請する時です。後遺障害の等級認定を行う自賠責損害調査事務所では、後遺障害についての診断書及び診療報酬明細書の記載内容を重視しており、この書類の記載内容が認定を左右するといっても過言ではありません。また、この書類の発行には料金がかかりますが提出しなかったことによって等級認定がされないことに比べれば些細な問題ですし、その費用もまとめて請求することができます。