訴訟とは、交通事故においては加害者や保険会社と話がつかず、示された損害金額にも納得がいかない場合に裁判所に申し立てを行い、法的に請求を訴えることです。また、ひとことで裁判といっても刑事裁判と民事裁判 の二種類があります。
交通事故の場合はどちらにも関係しますが、どちらかという民事裁判での訴訟が多いです。基本的に、損害賠償は金銭による補償しか認めていません。保険会社の対応や加害者の謝罪時の態度、失われた利益に対する金額などの賠償だけでなく肉体的・精神的苦痛なども民事裁判で訴え認められることで保険会社への正当な世紀夕と認められ支払いとなります。
交通事故に限らず、刑事裁判は違反行為に対する罰則を与えるためのものです。事故を起こして被害者に損害を与えることは不法行為とされており。刑法やその他刑事罰が与えられます。 また、不起訴処分になるとこの裁判を受けなくて済み、前科がついたりもしません。しかし、加害者の起こした行為により被害者が死亡していた場合などは刑事罰が必ず与えられます。また、刑事裁判にかけられる加害者は、場合によっては事故現場で警察に逮捕されるパターンもあります。その場合、警察は民事裁判の取次などは行いません。
民事裁判については、保険会社との話し合いが多くなりますが、話し合いで決着が付かなければ、被害者本人かその後継人が直接、民事裁判の準備をする必要があります。また、この際に相手から受けた損失と相手が行った行為に対する正当な金額を素人で判断することは難しく提示された額をうのみにしてしまうケースもあります。

広告