被害者請求とは、交通事故の被害にあった被害者が加害者に対して損害を請求することを言います。また、被害者から連絡をしなくても通常は交通事故の加害者が加入する保険会社から事故後に連絡が入り、治療費、休業損害等の交渉をし始めます。そして保険会社は、自賠責保険を基準に内払いを開始します。例としては、事故による受傷から1年を経過したとき、 内払い損害額が120万円を突破したとき、 示談解決したときなど早めの内に交渉し、低額で費用を抑えようとします。また、保険会社の提示額を待つ加害者請求では、保険金の振り込みは一番最後になり、その提示額が納得いくものかいかないものか関係なく示談提示まで待つしかなく、それまでは加害者に非があるのにも関わらず、治療費などは被害者側の実費負担になります。そして、ある一定期間後に、保険会社は後遺障害等の認定の申請なども本人の許可を得て申請を行いますが、総じて保険会社は後遺障害の等級認定に対しては低めの見積もりを行い費用を抑えようとします。これに対して被害者は、弁護士などに相談することで適正な金額の保障を受けられたり、低く見積もられていた請求額をなかったことにし、法的な解釈から賠償金を求めることができます。つまり、請求するという行為自体に法的意味合いがあり、交通に対して法的知識がなければ保険会社に対峙できないと考えていいでしょう。弁護士費用なども弁護士が所属する会社によってかなり違いますのでよく調べてから依頼するようにしてください。