衝突事故とは、車両運転時に他者の運転する車両とぶつかる事故のことを指します。さまざまな衝突の場合が、考えられますが比較的車体と人体に対して大きな衝撃を与えることの多い事故です。また、正面衝突の場合では車のエンジン部なども破損しやすいうえに、破損した場合はカゾリン漏れで引火などの事態を引き起こしやすく大変危ない状況ですので、意識が朦朧とするほどの衝撃をうけるかも知れませんが周りの状況を見て車外に出ることを優先してください。そして、衝突・接触事故に遭った場合は、たいていは被害者と言える側にも過失があるとされます。よって10対0とされるのは、赤信吾や黄色信号で止まっている車にノーブレーキで突っ込むなどの重大な過失をしてしまった場合などです。また過失割合というのは交通事故の発生に対する双方の過失の割合のことです。たとえば、8対2となると8割負担と2負担という負担の別れ方になり、よほど悪質でない限りは警察の方でもどちらかを一方的にせめたりもしません。事故の状況によりますが、両者に過失があるとされた場合は過失割合の多い側が加害者として扱われます。そして示談の手続きは保険会社の担当者が代行しますが、総じて保険会社による交渉による賠償額はかなり低くなる傾向にあります。

広告