自賠責基準とは、交通事故に負傷者した被害者に対して自賠責に基づいた補償の基準のことです。実際の基準に中では、自賠責基準・任意保険・弁護士基準という3種類の基準があり、その中で自賠責基準は一番補償額の低い基準です。怪我や障害、死亡した場合などにかかわらず補償額についてはもっとも低い基準です。また、弁護士基準は弁護士の力量にもよりますが、相手の保険会社に対しての損害請求を法律に沿って行うものである為、もっとも効果的な補償を受けられると考えていいでしょう。そして、自賠責保険は自動車やバイクを持っている人・車両を運転する人は必ず全員加入することになるものです。他の保険に入っていなくとも、自賠責保険内の基準によってある程度の金額は補償金や賠償金が軽減されるのです。補償額は対人が最も高いものとなっています。しかし、死亡した場合を除いては最高で120万円と限度が決まっています。怪我や障害などはこの場合に、含まれもしそれ以上の補償が必要な場合は、任意保険か弁護士に相談して相手の会社と直接やり取りをしてその額を決める場合がほとんどです。
このように自賠責保険そのものが何もかもを補償してくれるわけではないことを知識として知っておきましょう。また、自賠責保険は被害者の過失割合による保険金の減額率は任意保険よりも少ないのでそこにも注意してください。つまり、自賠責基準で払える額の補償は軽度なばあいのみであり、もし相手方を死亡させた場合は、自賠責基準は役に立たないと言っても過言ではありません。

広告