自賠責保険は法律によって自動車、バイク、原付を使用する際には強制的に加入が義務付けられている強制保険です。もし、自賠責保険契約に未加入の状態、ほけんの期限が切れた状態で車を運行しいてしまうと、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられることになります。また、自賠責保険でも任意保険でも更新のお知らせは必ず来ますし、車に対して興味がなくとも全く知らないという状態にはなりにくい保険であり、購入時点で強制的に加入の手続きに入りますので通常はそこまで心配しなくても有効期限切れという事態には陥らないかと思います。
また、自賠責保険は人身事故のみを補償してます。砕いてきな保険内容は契約内容で違ってきますが対物の自賠責保険はありません。つまり、自爆事故ではまず自賠責保険の対象に運転者は含まれません。特約として含める場合はありますが、それでもあくまで人のみをほ使用する保険だということを忘れないでください。
自賠責保険は自動車事故により死傷した被害者の保護救済を図ることを目的としています。したがって、物損事故には適用されません。また、被害者保護の観点から、自賠責保険は公的な要素の強い保険です。なので、運転者への補償は必要最小限で、支給額は定額かつ高額ではありません。

広告