自由診療とは、保険を使わない診療のことを言います。一般的に、日本では日本国民である限り働いていてもそうでないとしても社会保険に加入して健康保険を使い病院などを受診するというイメージがあります。自由診療は、その公的制度を使いません。日本では一般的ではないかも知れませんが、公的な医療保険制度のない国では比較的高額な自由診療を受けざるを得ない状況になっています。このような場合は、個人的に保険会社と契約を結ぶ以外には割引を受けられる制度がありません。また、保険を使ってもそうでなくとも診療・診察の報酬は点数で換算して患者から支払ってもらう形になっています。交通事故の場合も、保険適用の治療を行えば全請求額の3割程度と決まっていますが、保険の適用されない自由診療の場合の単価は価格や短歌に制限がなく、病院によってかなり変わってきます。つまり、 健康保険では治療内容や治療費などに様々な規制が設けられていますが、自由診療の場合では、全く規制はありません。健康保険の適用では認められない薬を服用することも可能です。しかし、交通事故に置いて保険適用外の治療を選ぶという選択肢をあまり聞きません。そして、自由診療の方が保険診療よりも基本的に治療費の額そのものが高くなり、その額全てが賠償請求できるかはまた別の話です。

広告