自損事故とは、対向車などを巻き込まずに自動車を運転している人が単独で事故を起こすことを言います。運転者のミスや不注意などにより電柱やガードレールに接触・衝突した場合なとが自損事故に当たります。自損事故そのものでは、怪我・死亡による自賠責保険も支払われず任意保険付帯の対人保険も適用されることはありません。自損事故に対しては保険に対して特約がある場合のみ、医療保険金・死亡保険金などを受け取ることができます。つまり、通常の保険のみでは自損事故には対応しておらず特約として自損事故の補償が付いている保険でなければ保障されないということです。保険会社によっては、自損事故や相手方に全く過失のない事故によって自身が死傷した場合も特約の内容に含まれています。
また、自損事故保険は自損事故によって死傷した対人補償であり、自己で破損したり全損したとしても車は対象として扱っていません。事故を起こさないことが一番ですが、過失割合などは相手方が居て初めて意味のあるものであり、自損事故の場合の責任は全て運転者にあります。また、もし自損事故を起こし運転者ではない搭乗者が死傷した場合の責任は自己破産などの法的手続きでは回避することができません。特約が付いていてもそれもルールに則った乗り方での適用でということをくれぐれも忘れないでください。

広告