物理的全損とは、事故によって車が物理的に修理できない程に損傷している場合のことを言います。この状態になった車は修理するよりも、新たに買ったほうが安いし安全でもあります。また、車両に限らず交通事故の加害者は被害者に対して車両の損傷に関する損害賠償義務がありますが、車両の修理ができる場合にはその修理費用が損害額になります。しかし、物理的に修理困難である場合には損害額の算定が困難です。このような物理的全損の場合、被害者が事故によって失ったのは事故で損傷した車両の価値にとどまると考えて、事故直前の車両の時価額が賠償額の基準となります。また、損害賠償額は事故直前の車両の時価から車両のスクラップ代を差し引いた額となります。そのため、新車を買い換えるのに要する費用の全ては保険金からは出ないと考えてください。法律的にも被害者を守るルールにはなっていますが、全額を保証するルールはありません。
 日本の損害賠償は、基本的には物そのものを事故前の状態に戻すという考え方ではありません。損害そのものを金銭的に評価し、事故前の財産に戻すために金銭を支払って賠償するという制度であり、つまり「時価額等」を賠償したら賠償ということになります。