第三者行為災害届とは、労災保険の給付の要因となる事故に対して第三者の行為が直接の原因となる場合に届け出る書類のことです。この書類を出す場合は、労災保険の受給権者である被災労働者・遺族に対して、当事者ではない第三者が損害賠償の義務を有しているとされています。
労災保険は、任意保険や自賠責保険とと同じように運転者の損害を補償するものです。主に、労災保険は業務上の営業活動や通勤による労働者受傷に対しての補償を行います。また、第三者行為災害の中には、通勤途中に第三者が原因で交通事故に遭ったり、仕事で道路を通行中に不意に建設現場から飛来した物に当たり負傷するなどの災害が含まれます。つまり、労災保険関係にある当事者ではなく、第三者による不法行為などにより労働者が業務上の災害又は通勤災害を被った場合に第三者行為災害と定義しています。また、この災害認定時には、被災労働者とされる人は第三者に対して損害賠償請求権と給付請求権も取得します。
自動車事故の場合、労災保険の給付と自賠責保険の補償内容の好きな方を選ぶことができます。また、どちらかを選んだ場合はもう片方の補償内容は選ぶことができません。これは二重に補償を受けることを防ぐ目的もあります。