神経症状とは、交通事故により頸椎捻挫などの後に残る痛みやしびれなどの神経に関する症状のことを言います。具体的な例では、むち打ち症の後に残る手足のしびれなどは神経症状の一種であり、痛みがずっと治らないということも珍しくはありません。もし、一定期間の治療後も残り続けるならこの神経症状も後遺障害として認められるケースもあります。しかし、保険会社に任せる等級認定は通りにくいと思っていてください。そして、強固な神経症状を残す場合には12級、そこまでには至らないがある程度の神経症状を残す場合には14級の認定を受けることができますが、確実な等級認定を目指すのならば、法律の専門家に相談するのが一番確実であり相手方の保険会社の提示額に素直に従う必要はありません。
そして、等級の認定そのものは医学的にも症状が証明できる場合には12級に分類され、医学的には画像などで症状の証明ができないが説明がつく場合には14級の認定とされています。つまり、等級認定には医師の診断が必要不可欠であり、神経症状による後遺障害を認めてもらうには、自覚症状を訴えるとともに様々な検査を受けた上で医師に症状を認めてもらったうえで等級の申請を行ってください。

広告