示談とは、賠償請求などの請求や裁判手続きを利用せずに交通事故の当事者同士で話し合いをし、全ての賠償に関して合意をすることです。また話し合う相手は保険会社の担当者・弁護士などを通じてでもいいですし、自分自身で交渉することも可能です。しかし、ほとんどの場合は保険会社の担当者が交渉を行います。また、この話し合いを通して示談というものが成立した場合、示談の内容は多大な法的効力を持ちます。そして、当事者は合意した内容に拘束され、その内容を守らなければなりません。また。一度示談によって成立した内容については、弁護士などでも交渉の余地がないほど厳しいものであり、追加の賠償などは基本的に認められないと思って間違いありません。
また、注意として加害者側に全過失がある事故の場合では、被害者側の保険会社は交渉できず殆どの場合は相手側の言う条件を鵜呑みにしてしまうケースが多くあります。相手もプロな上に金融知識はありますので、素人の知識では丸めこまれてしまいます。その為、相手側に責任があるのに請求額や賠償額などに納得できないのなら、弁護士を立てて相手の保険会社と戦う必要があります。どのみち否が応でも相手とは話をしなければなりませんので、交通事故と法律に強い相談役は必須です。