症状固定とは、交通事故に遭遇後、事故によって受傷した神経などの傷が治癒せずに良くなったり悪くなったり、一定の症状を繰り返すことをいいます。また、この症状固定の打診は、医者や被害者ではなく加害者側の保険会社から打診されることがとても多くなっています。そして、この症状固定の時期になると保険会社からの示談を示されます。後遺障害の認定なども相手側でやってくれるケースは多いですが、加害者側の保険会社に自分のこれからのことを託すということに抵抗を覚える方は、この症状固定と打診され決定される前に手を打つ必要があります。後遺障害等級認定は、傷病が治った時以降に行なうとされていますが、これちは完全な治癒を指すことばではありません。治った時と定義づけてはいますが、これは医学上一般に承認された治療方法でも効果を発揮できず、治療後も継続して症状が残り続けることを指します。
症状固定を行う直前の段階では、保険会社から示談をしめされても安直に応じないでください。一度、示談に応じてしまうとこれからの未来にどのような症状が出てきたとしても事故のせいだと、法的にも見覚められなくなってしまいます。また、示談そのものも法的意味を持ち、守ることが前提の契約なので少しでも自らの症状や相手への不信感があるのならば弁護士に相談することをお勧めいたします。