異議申立は後遺障害等級認定の結果に対して不服がある場合に認定審査をおこうなうことです。この場合は、単純に不服を伝えるだけでは結果の変更はできません。不足している時報に対して、新たな証拠や書類の提出をすることにより認定等級が変更されることは多々あります。納得のいく等級でない場合は、諦めないで下さい。異議申し立てをした方がよい場合の事例は・診断書の記載が十分ではなく、診断が不適切で細かい結果がない・検査を行ったが、結果が記載されていない。検査が未実施あるいは検査方法が不適切である。・診断書が出ておらず、認定の条件を満たすことがその時はできなかった・・・などの場合です。しかし、時間・費用・労力などは異議申立をする側の負担になります。
・時間は異議申し立ての手続きには3カ月から6ヶ月程度かかります。その為、最終的な判定に時間があります。
・費用は異議申し立ての手続き自体は無料です。しかし、新たな診断書代や画像取得費用、郵便代が掛ります。また、対処しきれない場合は法律専門家に頼る場合もありますがその費用も全て個人で持たなければならない為非常に高額になる可能性があります。
・労力は例え自分一人でも専門知識が必要になってきます。

広告