物理的全損とは、交通事故により車両が物理的に修理できないレベルで損傷している場合のことを言います。 交通事故の加害者は、基本的に被害者に対して車両の損傷に関する損害賠償義務があります。この義務は、法的なものであり絶対に支払わなければならないものです。しかし、車両の修理ができる場合にはその修理代を賠償すれば良いのですが、物理的に修理できないのであれば損害額の算定をせずに廃車とします。その為、被害者が事故によって失った車両に対する価値は、事故直前の車両の時価額とされています。この時価額に関して言えば、保険会社から提示されるものが絶対の基準ではありません。しかし、さも当然かのように言ってくるのが保険会社のやり方です。また、10対0の事故では自分の保険会社は加害者側の保険会社と交渉することができません。その為、この段階で弁護士に依頼するというのも賢明な選択です。法的な観点から、車の損害賠償代が正しいのかどうか見極めるとともに弁護士の言葉によって保険会社がどのような動きをするのか知っておくと保険会社と話がしやすくなります。注意点として、知識としてちゃんと意味の通る根拠でなければ相手側の保険会社と話は出来ません。
また、物理的全損の場合は新車を買い替える賠償額には届かないケースが多いです。日本の損害賠償の判例でいえば、基本的に物が壊れた損害に関してはその損害額のみを保証すればよく時価で示された額を支払えばそれで済んでしまいます。車を失った精神的苦痛などは、弁護士に依頼するか民事裁判でも起こさない限り支払われる可能性は低いです。

広告