物損事故とは、交通事故において車両同士がぶつかっても怪我人が出ずに物の損壊のみで済む場合の事故を言います。また、一言で物損事故といっても車体にキズがつく程度のものから、車が廃車級にまで破壊される事故などかなり幅が広く、電柱や民家の塀、あるいはガードレールが車の衝突によって壊れた場合も物損事故となります。また、交通事故が発生した場合には、どんな場合も基本的には警察への通報が義務付けられています。もし、警察への通報を怠ると3カ月以下の懲役、または5万円以下の罰金が科せられます。また、物損事故に関して言えば警察は損害賠償などの手続きを何も行ってくれません。示談や損害賠償の請求などは直接相手に行う必要があります。相手の連絡先など詳細情報を自ら聞き出すことによってその後の交渉をしやすくすることが手儀ます。
物損事故は罰金も特に定めがなく、電柱を倒して辺り一帯を停電させるなどの大規模な事故を起こした場合を除いては免許の点数も変化がありません。ここで注意してもらいたいのは、自賠責保険は物損事故には使えず任意保険を使うことになります。つまり、物損事故をカバーする任意保険に加入していなければ、保険会社からの補填は見込めず、自爆の物損事故であった場合も特約かそういう保険でない限りは補填は不可能です。さらに、壊したものが重要文化財などであったら多大な請求額を求められますのでその際にも任意保険で対応する必要があります。

広告