無過失責任とは、故意又は過失に関わらず加害者に直接の関係性がなくても損害賠償の責任を負う制度の事を言います。これは、も他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、この行為によって生じた損害を賠償する責任を負うという民法に沿ったものであり、例を開けければ同乗者も運転者と同じく他人の利益を犯した場合は過失がなくとも賠償責任を負うという規定です。また、この責任についは次の3つの事柄を説明・立証できれば責任を取らなくてもよいこととされていますが、現実的にはとても難しい状態にあります。1つ目は自分・運転者が車の運行に関して注意を怠らなかったことと定義されいます。これは、自分が運転者の場合には自分にあらゆる手段で一切の過失が無いことを証明しなければなりません。また、一時停止やスピード規定、注意義務などは全て順守していることが求められますので、ドライブレコーダーならば立証は可能でしょう。
2つ目は、被害者・運転者以外の第3者に故意又は過失があったことと定義されています。これは、被害者が、赤信号横断や横断歩道以外の横断など自ら事故にあう確率の高い行為をしていた場合の立証が必要になります。しかし、立証することができれば過失相殺で事故を処理できるようになります。3つめは自動車に構造上の欠陥又は機能の障害が無かったことと定義されています。これがおそらく一番立証の難しいものでしょう。まず、車検を受けて修理を促されたが、車の修理をしていなかった場合や車検を受けていない場合、車検を受けいない場合、故障や不具合に気付いていたが修理しなかった場合なども含まれます。つまり、この3つ全てを満たさない限りは無過失責任からは逃れられません。