無免許運転とは、そもそも運転免許を取得していない、または免許の有効期限が切れている状態で自動車を運転するといった状態のことを言います。もちろん、無免許運転は非常に危険な行為であり、厳罰化されています。もし、このような状態で人を轢いてしまった場合には、重い刑が科される可能性が高く、また保険に入っていても損害賠償を個人で支払わなければならないという事態に陥るかの性も高くなっています。また、不法行為である無免許運転で事故の加害者が被った損害に対してはどんな自動車保険を付けていても補償されません。これは不法行為を自分で分かっているのにもかかわらず、犯している自伝で責任の全ては加害者にあり、保険会社にはありません。免責事項に載っていなくても不法行為を犯したうえで、車を運転し人を死傷させた人間に対して保険会社が契約を守る理由はどこにもありません。
また、加害者側が無免許運転でも被害者には救済処置があります。対人補償や自賠責など損害に当たるものは、被害者側には適用できますが加害者側には適用されません。また、無免許の状態は明らかな過失であり、違法行為です。民事や刑事裁判でも訴えられれば十中八九有罪になりますし、まず勝てる要素なども不法行為を率先して犯した人間にはありません。
そもそも無免許という状態では、公道で車を運転する資格がありません。無免許運転は絶対にしないでください。