無保険とは、加害者が任意保険に加入していない場合の事を言います。自動車には必ず自賠責保険が付きますが、任意保険は相手のライフスタイルによります。よって損害賠償として、人身は保証できますが車の損害などは加害者に直接請求するといったケースになります。また、被害者は加害者に対して、様々な要因で損害賠償請求をする権利があります。車の料金、病院入院費、障害が残ったら後遺障害の代金、逸失利益など合わせて考えれば、交通事故の損害賠償は巨額になることが多くその支払いの責任は相手にあります。もし、交通事故の被害者になった時には、相手が任意保険に加入していないとしても自賠責保険から補償を受けることができます。むしろ、人身に対しては補償が受けられないなどという事態にはならないはずです。支払い額は決まっており、死亡事故では3,000万円、傷害で120万円までの補償を受けることができます。ちなみに人身傷害補償保険を使っても保険料は上がりません。上がるのは任意保険で自分の保険を使った場合のみです。また、相手側に過失があるのにこちらの保険を車両代で使わなければならないという一見納得のいかない事態も十分にあり得ますので納得のできない対応に不信感を抱いたら専門家に相談するようにしてください。

広告