無保険車傷害保険とは、交通事故を起こし被害者が後遺傷害を負ったり死亡してしまった場合に使う保険です。相手が「無保険車」で賠償金の支払能力が無い場合に自分が契約している対人賠償保険と同じ額の範囲内に限り、相手が負担するべき損害賠償の不足分を補償してもらえます。つまりこの保険は、自賠責のみしかなくそれを超える額の損害を加害者が払えない場合に適用され、被害者が保有する任意の対人賠償額の範囲内で足りない額を補填するという保険です。
また、自賠責保険のみしか加入していない運転者は1割ほど存在しており、相手方への損害補償を自分では払いきれないという状態にも関わらず公道で事故を起こすといった事態は未だにあります。もちろん、このような場合は被害者への損害はきっちり支払われますが、それも自賠責の範囲内でしか支払われないパターンもあり、必ずしも全てが補填される訳ではありません。ケガの場合では、相手の自賠責保険を使っても最高120万円までしか保証されません。任意保険の内容として、支払い能力のない加害者の対応を含んだ内容のものと契約を結ぶ必要があり、もし、事故に遭って二人とも無保険などといった事態になればもらえる損害額は、規定で計算できる程度に収まってしまう可能性は十分にあり得るということを自覚しておきましょう。

広告