消滅時効とは、民法で定められた損害に対する請求権の期限のことです。交通事故の損害賠償にも請求権はありますがも交通事故のみならず様々な過失には時効が適用されます。世界的に見れば比較的珍しい制度であり、殺人事件でさえ時効が成立するといったパターンもあります。基本的に様々な損害賠償請求権は、被害者が損害及び加害者を知った時を起算点として、3年間これを行使しない時は時効により消滅するとされています。これにより、加害者による保険会社への請求も、自賠責保険、任意保険なども同様に3年の期限が定められています。しかし、通常であれば交通事故後は迅速に運転手は保険会社への事故通知を行います。そうしなければ、保険で損害金を支払うことができなくなってしまうからです。その為、加害者側は警察と保険会社に連絡をすれば時効を気にすることはないでしょう。
また、被害者の方は時効の起算日は事故を起こされた日だと思って間違いありません。被害者の方へは直接、こういうものを請求できると知らせるのは相手方の保険会社か自分の保険会社から来ますがその金額が適正なものだとは限りません。また、一方的に相手に過失があるような状態ではこちらの保険会社は加害者側の保険会社とは話し合えません。つまり、請求できること自体を忘れることはありませんが、請求できる権利が十分なものなのかどうかは素人では判断がつきにくく、その請求できなかった権利に対しても3年という時効があり時が立てば消滅します。

広告