消極損害とは、財産的な損害の一種であり、事故に遭わなければ得られた報酬などはこの損害の中に含まれます。また、交通事故の損害賠償請求の損害に当たる部分には,大きく財産的損害と精神的損害に分けられています。財産分野では積極的損害とこの消極損害に分けられています。積極損害は,交通事故に遭ったことにより様々な支出を余儀なくされた利益等を損害として扱います。たとえば,交通事故で怪我をした場合の医療費、車両を失った場合の車両購入費など現在失ってしまったものについての損害を規定しています。そして。消極損害は,交通事故により直接的な金銭を支出することはありませんが、未来に向けて失った損害に対して規定されている損害です。つまり、消極損害は交通事故に遭わなければ得られたはずの収入や利益などを事故により失ってしまった場合に逸失利益として扱うというものです。例えば、交通事故に遭い受傷した場合は休業を余儀なくされ、ほぼ強制的に入院という形になるでしょう。その強制的な休業によって、被害者が被った損害や利益の損失などは加害者に請求することができます。
最も代表的な例としては、休業損害がこれにあたります。この損害請求では、交通事故に遭わなければ得られたはずの休業中の収入や利益などを損害として請求することが可能となっています。

広告