治療費とは、交通事故において病院に搬送され治療や診察を受けた場合の治療費用のことを指します。また、この治療費には事故時の入院では治癒しなかった後遺症や怪我などの必要とされる通院の費用も含まれています。慰謝料とは、別のものなので混同しないでください。あくまで治療費は怪我やその他の後遺症に関する治療の費用のみを指す言葉です。
そして、治療費として加害者側に請求できる範囲は規定されています。つまり、どのような治療でも費用が支払われる訳ではなく、医師の診断結果の域を出ない方歩に限られてくるということです。原則として、必要とされる治療費は全額請求できることになっています。しかし、高額診療や過剰診療については必要であれば認められるケースはありますが、殆どの保険会社が認めたがらないのが一般的です。また、どこまでを治療費として扱うのかの定義も保険会社では、ここまでと断定するケースも多く被害者の容体を気にしない心ない言葉を吐かれるケースもあることは知識として覚えていて下さい。いざ、当事者になってみると、相手の言い分が全て正しいように聞こえることもありますがそんなことはありません。自分の望む治療費、あるいは実費として支払った治療費すら支払ってもらえないような状況すらあり得るので治療費についても相当な話し合いが必要になってきます。また、加害者請求をする際には最終的に示談が決定するまで治療費は全て被害者側で支払う必要がある点にも気を付けてください。

広告