民事責任とは、交通事故を起こした際に加害者が負うこととなる被害者に対する損害賠償の支払い責任のことです。自分の起こした事故が不法行為か否かを問わず、加害者とされた場合は必ず被害者に対して賠償責任を果たす義務が発生します。民事裁判などを起こさずとも示談という結論にまとまっても被害者への支払い責任は残り続けます。また、原則として支払いは金銭で行うものとしそれ以外の支払いを認めていません。また、示談の結果は例え自分が破産申告しても消えることなく残り続けるほど強固な法的強制力があります。
また、民事責任を問うのは被害者の救済の為です。被害者からしてみればそもそも交通事故になど遭いたくもなかったし、入院した上に車も失い、障害まで残る・・・などとなった場合には我慢ならないでしょう。だからこそ不法行為責任を追求し,それに基づく損害賠償を求めるということになります。
また、被害者側として後遺障害が残るような場合であれば,金銭などではなく元の体に戻してほしいと思うでしょうし、それによって仕事に変化が起こることも望んだことではありません。ましてや死亡事故であれば、その精神的苦痛・肉体的な損害、もたらされたはずの利益など補償されなければならない時効は多々存在します。