死亡逸失利益とは死亡事故の場合でその被害者の方が、交通事故に遭わずに生存していれば得られたであろう収入や利益のことです。この本来、死亡しなかったら本来得られたであろう収入に関しては加害者に請求することができます。また、この失われた利益の損害賠償請求権は、相続人に受け継がれます。
死亡逸失利益は,基本としては1年あたりの基礎収入に死亡しなければ稼働できたはずの期間を算定して計算します,そして、単純に年収を基準として金額を算定しますが、その支払いは一括払いが原則です。また、死亡逸失利益については年収を基準としてはいますが、後遺障害などの後遺症やその後の生活費などは控除して考えられます。つまり、事故で死亡した場合は年収が算定の基準になり、それ以外は考慮されません。また被害者の死亡となると、費用そのものは高額となる場合が多く任意保険に入っていなくても自己破産しても支払い義務は一生残り続けます。保険として、自賠責と任意保険の両方に加入している方が多いのは、もし人身事故を起こした場合相手が会社役員などであったら年収だけで相当な高額になります。もし、任意保険に加入していない場合、どうなるのかを知識として知っておきましょう。