格落ちとは、車が事故に遭ったことにより修理しても事故以前の価値より下落してしまうことです。中古車などをよく見ている人は気付くと思いますが、自動車は一度でも事故に遭ってしまえば、価値は必ず下落します。その傷のレベルがごく軽微な場合を除き、通常の事故による修復歴のある車は、「事故にあった」という事実で査定額が下落するものです。これを広い意味での評価損(格落ち)と定義しています。つまり、一度でも事故を起こせば事故車として扱われ評価損ということになります。自分側に過失がなかった場合でも、この評価損は発生します。この格落ちと本来の差額は、損害賠償として請求することもできます。しかし、ここについては保険会社の方では渋る場合がほとんどですのでそれなりの対応をできる専門家に頼った方が無難でしょう。判例では認めているものが多数あるにも関わらず保険会社は「払わない」というのが通常だと考えてください。また、全損は格落ち扱いとはなりませんので注意してください。
そして、最近ではレベルの程度に関わらず「事故に遭ったということだけで下取り価格が下落する」という日本の自動車市場の現状を考慮した「広義の評価損」が、裁判所でも認められるようになってきました。

広告