未熟運転致死傷罪とは、自動車の運行において、その自動車を制御できないレベルの技能で車を通行させ人を死傷させた場合の刑罰です。つまり、通常免許のみの所持にも関わらず、大型運転免許を持たないものが大型自動車を運転し人を死傷させたというようなケースです。このケースでは、当然ですが通常の交通事故よりも刑罰が重い危険運転致死傷罪の一種と規定しています。
被害者側からしても運転技能のないものの車両運転によって死傷させられたとしたら厳罰を望むのは当たり前のことでしょうし、賠償金額などもそれなりの金額を請求したいと願うものです。しかし、無免許の状態であっても運転技能を有していると判断される人の場合には該当しないとされています。例としては、一時的に免許停止中の方などがこれに該当します。
罪状として成立する場合は、死亡の場合は1年以上20年以下の懲役、被害者に傷害を与えた場合では1か月以上15年以下の懲役に処せられると規定されています。また、この罪状は「自動車の運転技能を有するか否か」が唯一のポイントになっています。その為、運転免許の有無が罪状に言及されることはなく運転技能があるかどうかだけが判断基準になっていますので、ペーパードライバーなどはこの罪状に該当する形となります。