政府の自動車損害賠償保障事業とは、自賠責保険のみにしか加入しておらず被害者への賠償が払いきれない場合に政府が被害者の為に損害の補填を行うものです。もし、自動車事故の被害に遭った場合、その被害は非常に大きなものとなる可能性はあります。車両代、通院代を始め、もし事故に遭わなかった場合の失われた利益など様々な賠償を被害者は加害者に請求することができます。しかし、請求しても加害者側で場合によっては損害賠償を自己負担では支払いきれないという事態に陥り満足な賠償額そのものを受け取れないという事態になりかねません。また、任意保険は個人の自由意思を尊重したものであり、強制加入の要件もなく特約などを付帯すると保険料も割高なので、通常時車を運転するにも関わらず車両保険なしという場合も珍しくない世の中になってきています。そこで、最低限人身に対する補償を守る為に自賠責保険が存在します。しかし、自賠責保険で全ての人身に対する補償ができるわけでもありません。例えば,ひき逃げの場合や相手方が無保険者の場合などには、そもそも責任の所在が誰にあるのかも不明である場合もあり支払い能力もないといった場合もあります。そして自賠責保険制度を守る意味でも制度として誰も被害者の損害を補填できないような場合には、国が加害者に代わり損害の補填を行います。