成年後見は「交通事故に遭って被害者の意識が戻らない」などの場合、被害者の意志の相続人制度の事を言います。つまり、事故によって植物状態に陥ったりした場合などもこの制度を利用し相手に損害賠償を求めることが可能になっています。また、成年後見人には条件があります。それは「成年後見人」は被害者が成人の場合、被害者が意識不明・判断能力がないなどの場合にに必要とされています。成年であるという条件で発生するのは様々な契約です。物の売り買いなども契約ですし、給料や年収で財産を築くのも権利の行使です。成年後見人はそうした社会生活が行うことができなくなった本人の代わりに代理して本人の財産を守ったりする後継人です。また、成年後見人に選ばれる人として、第一の候補者は親族です。家庭裁判所が、「親族に適切な方がいない」と判断したときは第三者である弁護士などがその職につくことができます。また、もしこのように成年後見人がつかなければならないような事故である場合は損害賠償金は高額であり、被害者は至って重篤な障害を事故によって負ったということになるので、もし保険を付けておらず対人補償がなくても相手に損害賠償の請求は可能です。その際には法律の専門家に相談して、早めの対策をしましょう。

広告