慰謝料とは、交通事故にあった際に厳密にいうと保険会社から支払ってもらうべき賠償金のことです。交通事故における賠償金には、多数の種類があり慰謝料はそのうちの一つです。その為、支払ってもらえる項目は決まっており厳密には賠償金のすべてをさす言葉ではありませんが、全国的には事故にかかわる金額のことすべてを指している場合もあります。また、項目を知らなければ相手側の保険会社のいいようにされてしまう可能性は十分にあることを理解しておきましょう。
賠償金と呼ばれているのは次の項目です。
・治療費・入通院慰謝料・通院交通費・休業損害
また、これらとは別に事故の「後遺症」が「後遺障害」として認定されたときには、「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」が別途支払われます。後遺障害慰謝料はたいていの場合は10対0の場合に相手の会社に任せることになりますが、よほど準備していない限りは等級の認定が行われない可能性もあることを理解しておきましょう。そして、慰謝料が交通事故すべての金額を指す言葉ではないことを理解していなければ、相手方の保険会社と対等に話をすることができず泣き寝入りのような金額で示談という流れになってしまいます。示談後になってからおかしいと思っても、その時には全てが終わってしまっている場合もあります。示談後に法律専門家に頼んでも相手側の内容で一度も了承している為交渉しづらく費用だけがかかってしまう場合があります。もし、貴方が法律の専門家に相談する場合は早めのタイミングで介入してもらいましょう。