後遺障害とは交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害が、治癒せずその後の将来においても回復が見込めない状態となる状態です。つまり、交通事故により後天的・強制的に背負われた精神的・肉体的な損害にあたるものです。また、後遺障害と認められるには交通事故とその症状に相当の因果関係が認められなければ後遺障害という扱いになりません。交通事故とその症状固定との間に相当な因果関係が認められて初めて後遺障害として扱われるので、もし後遺障害が等級認定で認められなければ以後の治療費は自分で支払い続けるしかありません。
また、この後遺障害の手続きは相手方の保険会社が請け負うことが多く書類の不備などの理由で認められないことも多々ある現象です。その場合には、異議申立ができますのでこの制度そのものを忘れないでください。また判例では、自賠責保険上の後遺障害等級に該当していなくても裁判上では後遺障害として損害賠償請求が認められたケースも存在します。泣き寝入りしない精神が大事です。 後遺障害により自宅などの改装、介護費が必要になる場合や通院にかかる医療費など現在から未来へ確実にかかると考えられる補償に関しては請求することができます。

広告